株の口座開設を初めてするなら源泉徴収ありの特定口座にするといいでしょう

初めて株取引をされるなら確定申告対策として、取引口座を開設するにあたって、源泉徴収ありの特定口座にすることをお勧めします。
手間のかかる確定申告の作業や調べることにかける時間をできるだけ減らして、かわりに、株取引のための情報をかき集めることに時間を使うことができるからです。
株式投資をする人の多くは買った株をどういうタイミングで売り抜けるかということに頭を悩ませるかもしれないです。
でも、天井付近で株式を売り抜くということは相当難しいので、「頭と尻尾はくれてやれ」の心構えで売り抜けることができたらいいでしょう。
私はこの間、株を始めたばかりのビギナーです。
株を購入して、ある程度稼いだら、すぐに売るべきなのか、反対に、長期保有した方が利益になるのか分からず、今もって悩んでいます。
長い間、保有していると、優待が利用できるので、悩むところです。
株式投資において時間を取れることも大事な要素です。
日本最大の株取引市場である東証が開いている時間は開始は午前9時、終了は午後3時までですので、より良い値段で株式を売買するためにはこの時間に時間を取れることが好ましいのです。
この点で専業主婦の人は、初心者であっても好都合な立場で、株への投資が出来ると言えるでしょう。