カードローン審査に落ちる理由はキャッシング枠も関係している?

カードローンの審査に落ちる理由は多くありませんが、思わぬ理由で落ちる理由があります。
消費者金融等の貸金業者には年収の3分の1という融資制限があります。
広く知られている規制なので申込の際に融資限度額の見通しがついているものですが、自分では限度額があると思っても審査に落ちることがあります。
これは使っていないカードローンやクレジットカードのキャッシング枠が原因であることが多いのです。
キャッシング枠は実際に借りていなくてもいざとなったら借りることができます。
そのため借りていなくても融資制限の貸付額に加算されて融資可能額が減らされます。
カードローン審査で融資制限があることは知っていても計算方法まで知らないことが多いため注意が必要です。