住宅ローンは時々金利比較をして借り換えも検討するのがコツ

一生に一度の大きな買い物。
住宅は、多くの方が住宅ローンを組んで、毎月返済をされているかと思います。
住宅ローンは、最長35年という長い年月支払い続けるものですから、時々金利比較をし、低い金利の銀行へ借り換えを検討する。
という手もあります。
借り換えには、残高によって手数料がとられるものですが、金利が低くなる分、月々の返済額が減りますので、長い目でみれば家計にメリットが大きいものになるでしょう。
ただ、借り換え時にも新規に住宅ローンを組んだ時同様、審査があります。
住宅ローンが一度通っているから、借り換えの審査も通るだろう。
という考えは間違えで、もちろん落ちてしまう方もいらっしゃいます。
その点も考慮しつつ、借り換えを上手に利用していくと良いでしょう。