楽天銀行カードローンの審査は虚偽の申請はNG!

皆さんも一度は嘘をついた経験があるはずです。
時には必要な嘘もありますし、付き合い上の嘘なら尚更仕方のない部分もあります。
ですが銀行カードローンといった信用に関わる審査での嘘は絶対にNGです。
例えば申請時の年収・勤続年数といった項目の嘘は公平な審査ができないためアウトとなります。
「ちょっとした嘘なんてバレないだろう!」と思っている方もいるかもしれませんが、銀行カードローンといった信用に関わる商品は入力内容が別の機関により保存されています。
つまり嘘偽りがあるとすぐにバレるような仕組みがあるわけです。
内容の偽りがバレてしまうと、当然審査基準を満たしていたとしても審査に落ちてしまいます。
また「申請時に嘘の記述をした」というブラックな事実が信用情報として残ってしまい、その後の借入にも大きく影響を及ぼしてしまうわけです。
そのためカードローンといった信用に関する事では、嘘偽りなく申請する事を肝に銘じておきましょう!
楽天銀行カードローンは親バレしない?電話連絡はある?