銀行のMMFとは?

【銀行でも外貨MMFを取り扱っているところはあるが】外貨MMFを取り扱っているのは主に証券会社ですが、数はそれほど多くはありませんが銀行でも取り扱っているどころがあります。
具体的に名前をあげると、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ソニー銀行などです。
ただ銀行の場合ですと外貨のラインナップが豊富でなかったり、その他の面で証券会社に比べてデメリットと思われる点があります。
その一つは次のことです。
そもそも外貨MMFのメリットは、利息を外貨のままでプールして外国株の買付資金に充てたりする、言わば他の外貨建て商品への投資のためのプラットフォームとしての役割があるのですが、そううした取引への備えのない銀行はそうした役目を果たしてくれません。
したがって本格的な外資MMFの取引に向いているとは必ずしも言えないのです。
三菱東京UFJ銀行カードローン派遣社員も審査甘い?【職業基準】