ヘアアイロンだけでどこまでストレートになるか

AKBの総選挙やらで、朝からニュースで賑わっていました。
神7と呼ばれていた中に"ともちん"の愛称で親しまれている
板野友美さんが8位にランクダウンしてしまって悔し涙を流していました。

いつも思うのですがAKBの人達ってすごく髪がキレイな子多いですよね。

特に板野友美さんのようにロングなのに
あんなにきれいなストレートで(下の方は巻いてますが)すごいですよね。

ああいうのを見ていると、本当にストレートヘアに憧れます。

ただ、ヘアアイロンではあんなにきれいなストレートって限界がありますよ。
ヘアアイロンでどこまでストレートにすることが可能何でしょうか。

美容院などにいくと、業務用の高温のヘアアイロンですごいキレイなストレートにすることができますが
あれも美容師さんの技術力があるからだと思います。

素人が一時的にヘアアイロンで頑張ってストレートにしても、髪質が変わったようには変化しませんよね。

日頃からのトリートメントなどケアを怠らないこともツヤを出すのにとっても大事なことだと思うのですが
やっぱり何度も繰り返して感覚をつかむしかないのかもしれませんね。

ずっと巻き髪を繰り返しているとだんだん上達してくるものですが
久しぶりに巻いたりすると、ちょっと感覚を忘れてしまいます。

美容師さんのように本業で毎日やっているのであれば体に染み付くんでしょうけど・・・。

とりあえず日々のヘアケアは怠らず、ヘアアイロンを使う前にもストレートヘア専用のヘアケア用品を使い、
なるべく髪にダメージがないようにしていかないとダメですよね。

 

髪は女の命

 

昔から髪は女の命だと言われています。

ですが近年のこのストレス社会のせいなのか、女性でも薄毛の方が増えてきているそうで、女性の育毛への関心が高くなってきているそうです。

若い頃はクセ毛で広がる髪の多さに悩み、毎日ストレートにする為のヘアアイロンが欠かせなかったのに、だんだん加齢と共に白髪が増え、薄毛を気にして育毛剤が手放せなくなっていく・・・女性も男性も、いくつになっても髪に関する悩みは消えませんね。

とはいっても若い人達の場合、クセ毛で悩んでいる人は定期的に美容院へ行き、縮毛矯正などをかけに行ったりしていますよね。クセがそれほど強くとか髪が少なく柔らかい人などは、パーマ戻しのストレートパーマなどでも十分ストレートになると思います。

縮毛矯正のデメリットは、髪が傷んでしまうという所。
髪を明るく染めたい年頃の人などが、カラーリングした上に更に縮毛矯正までかけてしまうと、枝毛と切れ毛だらけになってしまう恐れもあるので定期的にトリートメントに通ったりしなければいけなくなるので注意です。

そういった傷みが恐いという人なら、やっぱり手間でも毎日ストレートになるヘアアイロンを使うことをおすすめします。

ヘアアイロンを髪に当てる前に、まずしっかりと髪を乾かすことをおすすめします。

髪が湿った状態でヘアアイロンを当ててしまうと、急激に温度が上昇するため、髪がやけどをしてしまい、傷みの原因となります。また、髪やけどを防止する為にも、ヘアケア用品をしっかりと付けてからヘアアイロンを使った方が髪を保護できるのでおすすめです。